奉行物語
奉行の生活アルヨ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キリストの生まれた日の前後
12月24日。
世間ではイブだイブだ言ってるが、
どうしてクリスマス当日よりも前日のほうが盛り上がってるのは
なぜだろうと思いつつ、同級生のモフ君とともに梅田で待ち合わせ。
大阪も環状線がある。
田舎から出てきた我々二人は、逆方向に回る電車に注意しながら
電車に乗り込む。
さらに私鉄を乗り継ぎ、奈良県に入る。
降りた駅にて今宵の宴のホスト、きしたま君が
迎えに来てくれた。
その後、サークルへの献上品や、
世話になっている人へのささやかなプレゼントを三人で購入。
その夜、きしたま家に夕食どころか、泊まらせていただいた。
(モフ君は帰宅)

12月25日。
起床するとすでにばび君が招待されていた。
お昼もいただいて、決戦がはじまった。
麻がなびき、雀が舞う、熱い戦いを、
きしたまのお兄さんも交えて繰り広げる。
結果はばび君の大勝。
最後にもう一度夕食をいただいて、帰宅。

きしたまファミリー、
本当にありがとうございました!


クリスマスイブ、楽しかったよ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おつかれ~
まあ年末年始は実家帰ってゆっくりしとくんなはれ
こっちも楽しかったぜ
孤独にならずに済んで(笑)
2005/12/26(月) 02:21:18 | URL | 森惹子(きしたま) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。